照葉狂言(読み)てりはきょうげん

  • てりはきょうげん ‥キャウゲン
  • てりはきょうげん〔キヤウゲン〕
  • 書名

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

「てるは狂言」ともいう。語源は明らかでないが『守貞漫稿』に「てりは,てには俄狂言の訛略と云り」とある。「今様能狂言」「吾妻能狂言」「泉祐 (仙助) 」の系統で,本行の能,狂言に歌舞伎浄瑠璃舞踊軽業などの入れ事をし,囃子三味線を加え,遠見の書割りを使用して (にわか) 風に仕立てたもの。嘉永年間 (1848~54) 大坂に興り,安政年間 (54~60) には山本春三郎一座江戸に下って明治初年まで活躍した。このほか林寿三郎の一座では女性が能,狂言を演じ,拍子方,ときに狂言方も男性が担当して人気を得た。いずれも明治のなかばに滅んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

《「てには俄狂言」の音変化とも、照葉という女性が創始したからともいう》江戸末期から明治中期まで行われた寄席演芸狂言歌舞伎俄(にわか)を交え、手踊り俗謡などを取り入れたもの。女役者だけで演じることが多く、衣装は素襖(すおう)裃(かみしも)を用い、囃子(はやし)には三味線を加えた。てるは狂言。
[補説]書名別項。→照葉狂言
泉鏡花の小説。明治29年(1896)発表。孤児の美少年(みつぎ)が姉と慕うお雪や照葉狂言師匠小親(こちか)に寄せる清純な愛を叙情的に描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

江戸末期から明治中期まで行われた民間演の一つ。能狂言に歌舞伎,俄(にわか),音曲などを交えたもの。囃子は能の楽器のほかに三味線を加えた。今様能,吾妻能狂言,泉祐(仙助)能(せんすけのう)などと呼ぶのも同系統。名称の由来はわかっていない。嘉永(1848‐54)のころ大坂で始まり,安政(1854‐60)のころから江戸に及び,寄席の芸となった。1894年2月東京の歌舞伎座で,泉祐三郎・さくの夫婦が,3日間にわたり今様能の慈善興行を催した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 (「てには俄狂言」の変化したものとも、照葉という女性が創始したからともいう) 江戸末期から明治中期まで流行した民間演芸の一種。能や狂言に、当世風の俗謡や踊りをまじえ、歌舞伎の所作を取り入れた演芸。囃子に三味線を加える。てるは狂言。〔随筆・守貞漫稿(1837‐53)〕
[2] 小説。泉鏡花作。明治二九年(一八九六)読売新聞に連載。孤児で美少年の貢と、彼が姉と慕うお雪、照葉狂言師匠小親への清純な愛情を叙情的に描いた作品。森鴎外訳「即興詩人」の影響が見られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android