今泣いた烏がもう笑う(読み)いまないたからすがもうわらう

精選版 日本国語大辞典「今泣いた烏がもう笑う」の解説

いま【今】 泣(な)いた烏(からす)がもう笑(わら)

今まで泣いていたが、すぐあと、きげんを直して笑っていること。おもに、子供の喜怒哀楽の感情の変わりやすいのをたとえていう。
※門三味線(1895)〈斎藤緑雨〉一「物の一時経たぬ間に今(イマ)(ナ)いた烏(カラス)がもう笑(ワラ)ひ顔、これ上げうと紙の名も千代の折鶴」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典「今泣いた烏がもう笑う」の解説

今泣いた烏がもう笑う

今まで泣いていた者が、すぐあと、きげんを直して笑っている。おもに、子供の喜怒哀楽の感情の変わりやすいことをたとえていう。

[使用例] 今泣いた烏がもう笑ったと拍子を取って歌ったそうだ[夏目漱石*吾輩は猫である|1905~06]

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「今泣いた烏がもう笑う」の解説

いまいたからすがもうわら

今まで泣いていた者が、すぐ機嫌を直して笑う。子供などの感情がとかく変わりやすいことにいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android