コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

折(り)鶴 オリヅル

デジタル大辞泉の解説

おり‐づる〔をり‐〕【折(り)鶴】

色紙(いろがみ)などを折っての形にしたもの。
[補説]書名別項。→折鶴

おりづる【折鶴】[書名]

泡坂妻夫短編小説昭和62年(1987)発表。縫箔(ぬいはく)職人の男と、かつての恋人の再会が招く悲劇を描く。昭和63年(1988)、第16回泉鏡花文学賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

折(り)鶴の関連キーワードファンタスマゴリックカンラン(寒蘭)仙台七夕まつりオリヅルラン溝口健二三原邦男高岡亜衣ユウ燕

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android