コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今石動(読み)いまいするぎ

世界大百科事典 第2版の解説

いまいするぎ【今石動】

越中国(富山県)礪(砺)波郡の中心地。1585年(天正13)に地震で崩壊した木舟城(福岡町)に代わって築城,寺社・町人を招致してできた。城主は前田利秀。地名は石動山の虚空蔵尊を当地に移したことによるという。1638年(寛永15)に廃城となり,今石動町才許が置かれる。1637年より城端町,40年より氷見町の才許も兼帯する。町年寄肝煎,算用聞などの町役人があった。1742年(寛保2)に本町15,散町11があった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の今石動の言及

【越中国】より

…近世には富山は城下町,魚津,放生津,氷見は港町,井波は門前町として栄えた。近世に興った町には,礪波郡では北陸道の要衝で加賀藩の奉行所のおかれた今石動(いまいするぎ),真宗善徳寺の門前町より在郷町に変化した城端(じようはな)のほか,福野・福光・津沢・戸出(といで)・杉木新(すぎのきしん),射水郡では高岡が元和の一国一城令で廃城後,商人の町に性格をかえて発展したほか,伏木・大門(だいもん)・小杉,婦負郡では八尾(やつお)・西岩瀬・四方(よかた),新川郡では東岩瀬・水橋・滑川(なめりかわ)・生地(いくじ)・泊・上市・上滝・五百石などの町々があった。近世の越中は百万石加賀藩を支える穀倉地帯で,四公六民で御蔵(公領)・蔵宿(給人知)に収納された年貢米の一部は,伏木・東岩瀬より北前船で大坂に運ばれて売却された。…

※「今石動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

今石動の関連情報