小矢部(読み)オヤベ

大辞林 第三版の解説

おやべ【小矢部】

富山県西部、小矢部川中流域の市。近世、河港・宿場町として発達。紡績・ゴム工業や窯業が盛ん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おやべ をやべ【小矢部】

富山県西部の地名。石動(いするぎ)を中心に小矢部川の河港および北陸道の宿場町として発達。現在はJR北陸本線、国道八号線が通じる。倶利伽羅(くりから)峠の古戦場がある。昭和三七年(一九六二)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小矢部の関連情報