コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今藤政太郎(2代) いまふじ まさたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今藤政太郎(2代) いまふじ-まさたろう

1935- 昭和後期-平成時代の長唄三味線奏者。
昭和10年10月10日生まれ。4代藤舎(とうしゃ)呂船・藤舎せい子の長男。10代芳村伊四郎,3代今藤長十郎,今藤綾子,山田抄太郎らに師事。昭和37年東京新聞邦楽コンクール作曲の部で「能楽囃子による組曲」が文部大臣奨励賞,NHK杯第1位。38年2代今藤政太郎を襲名。平成17年「今藤政太郎 邦楽リサイタル」における「勧進帳」の演奏,自作「天の鼓」などで芸術選奨文部科学大臣賞。同年日本文化芸術奨励賞。桐朋女子短大,国立音楽大学の講師をつとめる。22年松尾芸能賞優秀賞。同年「長唄界に尽くした業績」にたいして芸術院賞。25年人間国宝。東京出身。東京芸大卒。本名は中川昇一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今藤政太郎(2代)の関連キーワード山中貞雄斎藤寅次郎成瀬巳喜男日本浪曼派五所平之助島津保次郎清水宏稲垣浩キューカー治安維持法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android