今野忠一(読み)こんの ちゅういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今野忠一 こんの-ちゅういち

1915-2006 昭和-平成時代の日本画家。
大正4年3月26日生まれ。昭和15年から郷倉千靱(せんじん)に師事。同年院展で初入選する。その後も院展で活躍をつづけ,30年「暮秋」が日本美術院賞,33年「老樹」が文部大臣賞,52年「妙義」が内閣総理大臣賞。山岳風景をえがいた。日本美術院理事。愛知県立芸大,東北芸術工科大の教授をつとめた。平成18年4月15日死去。91歳。山形県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android