コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今野忠一 こんの ちゅういち

美術人名辞典の解説

今野忠一

日本画家。大正4年(1915)山形県生。後藤松亭・児玉希望郷倉千靱に師事。初期の花鳥画から後に風景画に転じ、重厚な作風を展開。院展で活躍。内閣総理大臣賞・文部大臣賞受賞。日本美術院理事・評議員。埼玉県住。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今野忠一 こんの-ちゅういち

1915-2006 昭和-平成時代の日本画家。
大正4年3月26日生まれ。昭和15年から郷倉千靱(せんじん)に師事。同年院展で初入選する。その後も院展で活躍をつづけ,30年「暮秋」が日本美術院賞,33年「老樹」が文部大臣賞,52年「妙義」が内閣総理大臣賞。山岳風景をえがいた。日本美術院理事。愛知県立芸大,東北芸術工科大の教授をつとめた。平成18年4月15日死去。91歳。山形県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今野忠一の関連キーワード天童市美術館山形美術館

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android