暮秋(読み)ぼしゅう

精選版 日本国語大辞典「暮秋」の解説

ぼ‐しゅう ‥シウ【暮秋】

〘名〙
① 秋のおわり。秋の暮れ。晩秋。《季・秋》
※経国集(827)一・重陽節神泉苑秋可哀応制〈良岑安世〉「痛風景之蕭索、悲揺落之暮秋
② 陰暦九月の異称。〔日葡辞書(1603‐04)〕 〔梁元帝纂要〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「暮秋」の解説

ぼ‐しゅう〔‐シウ〕【暮秋】

秋の終わり。秋の暮れ。晩秋。 秋》「熟眠し—嘆ずることもなし/草城
陰暦9月の異称。
[類語]晩秋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「暮秋」の解説

【暮秋】ぼしゆう(しう)

晩秋。南朝宋・傅亮〔物に感ずるの賦の(われ)、秋のを以て、禁にす。夜く務め隙(ひま)あるとき、目す。

字通「暮」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android