仏事舞(読み)ぶつじまい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仏事舞
ぶつじまい

寺院の儀式や法会(ほうえ)などに行われる舞踊。神社の祭式として行われる神事舞に対することば。古代の伎楽(ぎがく)や舞楽(ぶがく)は仏教の儀式に演じられた。平安時代には諸大寺の修正会(しゅしょうえ)や修二会(しゅにえ)に、鬼走り、だだ押しなど呪師(じゅし)や猿楽(さるがく)の芸があった。平安中期以降になると、法会のあとに一山の遊僧や稚児(ちご)が当時の流行芸能を演じる延年(えんねん)の諸舞が奈良興福寺や東大寺などにあったが、現在は岩手県平泉の毛越寺(もうつうじ)や岐阜県長滝(ながたき)の延年などに伝存する。菩薩(ぼさつ)面をかぶる芸能には奈良県當麻寺(たいまでら)などの二十五菩薩来迎会(らいごうえ)や福井市糸崎寺などの仏の舞がある。演劇的な仏事舞には和歌山県かつらぎ町遍照寺(へんしょうじ)の仏の舞や千葉県横芝光町広済寺(こうさいじ)の鬼来迎(きらいごう)などがあり、狂言には京都市の壬生(みぶ)狂言などがある。各地の念仏踊もいわば仏事の舞踊である。[渡辺伸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android