コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壬生狂言 みぶきょうげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

壬生狂言
みぶきょうげん

民俗芸能の一つ。京都市中京区壬生の壬生寺の大念仏会に行われる狂言。もとは4月 21日から 20日間行われたが,現在は 10日または 23日から7日間。寺伝では正安2 (1300) 年中興の円覚上人が悪疫退散のため融通念仏会を修し,大衆にわかりやすく説明するために狂言を行なったのに始るという。狂言開始の前に各種の儀式があり,大念仏堂で演じられる。鰐口,太鼓,笛の囃子で演じる仮面無言劇。二十数番の曲がある。能,狂言から出たもののほか,独自のものもある。毎日『炮烙割 (ほうろくわり) 』を最初に演じ,最終日に『湯立』『棒振』が演じられる。かつては壬生郷士によって演じられたが,現在は壬生大念仏講の人によって行われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みぶ‐きょうげん〔‐キヤウゲン〕【×生狂言】

京都市中京区の壬生寺で、毎年4月21日から29日までの大念仏会の期間中に行われる仮面劇。鰐口(わにぐち)・太鼓・笛の囃子(はやし)に合わせて終始無言で演じられる。約30曲を伝承。壬生大念仏。 春》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

壬生狂言【みぶきょうげん】

民俗芸能。京都の壬生寺で,4月21〜29日の大念仏会の間行われる。壬生大念仏とも。1300年,壬生寺中興の円覚が大衆を導くために始めたもので,鰐口(わにぐち)・太鼓・笛の囃子(はやし)にあわせて舞い踊る無言劇。
→関連項目壬生

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

壬生狂言

京都府京都市中京区の壬生寺に伝わる民俗芸能。4月の大念仏会の際に演じられる無言の宗教劇で「壬生大念仏狂言」「壬生さんのカンデンデン」などともいう。円覚上人が大勢の聴衆に対し仏の教えを身振り動作で表現したものが起源とされる。1976年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みぶきょうげん【壬生狂言】

民俗芸能。京都市中京区梛宮(なぎのみや)町の壬生寺に伝えられる無言の念仏狂言で,大念仏狂言,融通大念仏狂言ともいう。国指定重要無形民俗文化財。鎌倉時代中期壬生寺の円覚上人(1223‐1311)によって融通大念仏会が始められ,寺伝では狂言もそのころよりの伝承とするが,室町時代末期には大念仏会の余興として猿に扮した者が綱を使って曲芸をしたことが知られるだけで,狂言の上演は近世初期に同じ大念仏会のある千本閻魔(えんま)堂より学んだものらしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みぶきょうげん【壬生狂言】

京都市壬生寺の大念仏会で行う黙劇狂言。四月下旬に催される。鰐口わにぐち・締太鼓しめだいこ・横笛だけの囃子はやしで、多く能・狂言から影響を受けた筋を身振りのみの無言で展開する。壬生踊り。壬生猿楽。 [季] 春。 → 壬生念仏

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

壬生狂言
みぶきょうげん

京都市中京(なかぎょう)区壬生の壬生寺に伝わる念仏狂言。壬生大念仏、融通大念仏ともいう。4月21日から29日までの9日間行われ、国の重要無形民俗文化財に指定されている。寺伝によると、1300年(正安2)に壬生寺中興の祖、円覚上人(しょうにん)(道御(どうご))が「融通大念仏会(え)」を催し、勧善懲悪、因果応報の理を大衆にわかりやすく説こうとしてつくったものという。狂言を大念仏というのは、大念仏会の余興に狂言を演じたことによるのであろう。狂言といっても無言の仮面劇であることが大きな特色である。結願(けちがん)日に演じる『湯立(ゆだて)』『棒振(ぼうふり)』以外は全曲黙劇で、身ぶりや物真似(ものまね)に舞を交えて演じ、また『棒振』以外の登場人物はすべて仮面を用いている。もとは本堂の縁の上で演じたが、現在は能舞台風の大念仏堂(狂言堂)で演じられる。
 行事は円覚上人の忌日1月28日に狂言を勤める人々の誓いの式から始まり、3月に狂言『棒振』に使う棒つくりの式があり、狂言の開始まで各種の儀式がある。開催期間中は、毎日初番に『炮烙割(ほうらくわり)』を演じ、最終日の最後には『湯立』『棒振』の曲を演じる。曲目は約30曲を伝えている。能から取材した曲に『土蜘蛛(つちぐも)』『紅葉狩(もみじがり)』『鵺(ぬえ)』『道成寺(どうじょうじ)』など、狂言から取材した曲に『花折(はなおり)』『節分(せつぶん)』『炮烙割(鍋八撥(なべやつばち))』など、壬生狂言独特の曲に『桶取(おけとり)』『愛宕詣(あたごもうで)』『大黒狩』『山端(やまはな)とろろ』『蟹殿(かにどん)』『餓鬼角力(がきすもう)』などがある。『桶取』『山端とろろ』などの世話物は、表現の美しさと人情の機微をとらえた内容によって、傑作とされる。楽器は鍔口(わにぐち)、締太鼓(しめだいこ)、笛の3種で、鍔口と締太鼓が「ガンデンデン」という八拍子の単調なリズムで囃(はや)し、ときおり笛が入る。演者はもと円覚上人の一族と伝える壬生郷士、現在は壬生大念仏講の人々である。同様の狂言は京都市の清凉寺(せいりょうじ)と千本閻魔(えんま)堂にもあるが、前者の嵯峨(さが)大念仏狂言(国指定重要無形民俗文化財)は黙劇であり、後者には台詞(せりふ)が入る。[渡辺伸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の壬生狂言の言及

【壬生寺】より

…鑑真の創建とも伝えるが,縁起では,991年(正暦2)園城(おんじよう)寺(三井寺)快賢が仏師定朝に地蔵菩薩像を造らせ,1005年(寛弘2)堂舎を建てて小三井寺と号したのに始まるという。鎌倉中期に当寺を中興した円覚上人は,勧進のため融通大念仏を行い,戒律と念仏を貴賤にすすめたが,このとき児女にまで念仏の妙理を理解させるために始めたと伝えるのが壬生狂言である。毎年4月に鰐口・締太鼓と笛で行う面をつけた無言劇で,2月の節分会とともに境内は参詣者で大いににぎわう。…

※「壬生狂言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

壬生狂言の関連情報