伎楽(読み)ぎがく

精選版 日本国語大辞典 「伎楽」の意味・読み・例文・類語

ぎ‐がく【伎楽】

〘名〙
① 上代の外来の音楽を伴う無言仮面劇。推古天皇の二〇年(六一二)百済(くだら)の味摩之(みまし)が帰化し、呉(くれ)の国で学んだ伎楽儛(くれのうたまい)を伝えたもので、西域地方の雑劇の一つだったと推測される。聖徳太子の奨励で栄えたが、声明(しょうみょう)や雅楽の伝来で次第に衰え、江戸時代に滅びた。伎楽面や笛の譜だけは残っている。呉楽(ごがく・くれがく・くれのがく)。くれのうたまい。〔令義解(718)〕
② 主として仏教で、音楽をいう。
※栄花(1028‐92頃)玉のうてな「諸々(もろもろ)の菩薩・聖衆、音声・伎楽をして喜び迎へとり給ふ」 〔法華経序品

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「伎楽」の意味・読み・例文・類語

ぎ‐がく【伎楽】

日本最初の外来楽舞で、こっけい・野卑な無言仮面劇。推古天皇20年(612)百済くだら味摩之みましが中国のくれの国で学んで伝えたという。飛鳥あすか・奈良時代を最盛期として衰え、江戸時代に滅びた。呉楽くれがく・ごがく。呉の歌舞うたまい
仏教で、音楽のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「伎楽」の意味・わかりやすい解説

伎楽 (ぎがく)

広義には舞伎(伎)と音楽(楽)との総称。とくに漢訳大乗経典では供養楽あるいは天人の奏楽を意味する。狭義には612年(推古20)に百済人味摩之(みまし)が日本に伝えた仮面劇とその音楽を指す。この場合〈呉楽〉とも書き,〈くれのうたまい〉とも呼ばれた。時の皇太子聖徳太子は味摩之を大和の桜井に居住させ,少年たちを集めて学ばせた。また,上奏して諸氏の子弟,壮士にこれを習わせ,家業として習伝するものには課役を免ずるなどの保護を加えた。令制において,職員令は伎楽師1名,腰鼓師2名を定め,《令義解》は,伎楽生,腰鼓生を楽戸から取ると規定している。楽戸は品部の一つとして雑徭を免ぜられていた。伎楽がもっともさかえたのは8世紀後半で,752年(天平勝宝4)の東大寺大仏開眼供養では四部の伎楽が演ぜられた。供養楽としての伎楽は寺院の法会と深く結びついていたが,同じく法会で奏されていた唐楽とうがく),高麗楽(こまがく)におされて,鎌倉時代には衰えた。江戸時代には,狛氏(こまうじ)が興福寺のために4月8日に伎楽曲を奏したが,舞はすでに滅びていた。

 伎楽の演出は《教訓抄》(狛近真,1233)巻四にくわしい。当時伎楽(妓楽とも書く)は4月8日の仏生会,7月15日の伎楽会で演ぜられていた。まず盤渉調音取(ばんしきちようねとり)が,その後盤渉調調子が道行楽として奏され,それから以下の仮面劇が進行する。演目の順序は文献により多少の差はあるが,ここでは《教訓抄》に従う。(1)《獅子(師子)》 壱越(いちこつ)調。内容は不明だが,今日の獅子舞のように場を清めるものであったと推定され,《陵王》破に似ているという。(2)《呉公》 盤渉調。扇を持って舞う。(3)《金剛》 盤渉調。(4)《迦楼羅(かるら)》 調子不明。《けらはみ》ともいう。《教訓抄》当時は《還城楽(げんじようらく)》破を奏す。(5)《婆羅門》 壱越調。一名を《むつきあらひ》ということか,と滑稽な内容を思わせるが,詳細は不明。(6)《崑崙》 壱越調。5人の女が立っているところへ崑崙の舞人2人が登場して5女のうち2女に懸想するしぐさをする。(7)《力士》 壱越調。《まらふりまい》ともいう。力士が登場し,崑崙の陽物に縄をかけて打ちおり,ふりまわす。(8)《大孤》 平調(ひようぢよう)。《継子》ともいう。老女(古面は老翁)が2人の子を連れて登場,腰を押させひざを打たせて仏を礼拝する。(9)《酔胡》 壱越調。酔胡王1名,酔胡従数名。舞の詳細は不明。酔態を演じたものか。(10)《武徳楽》 壱越調。最後をまとめる祝言曲と思われる。使用される楽器は笛,鼓(腰鼓,呉鼓),鉦盤(銅抜子)の3種。《博雅笛譜》《仁智要録》などに譜が残されているが音楽の実態は不明。ただ《獅子》《呉公》《大孤》の笛パートは林謙三(1899-1976)によって復元され,レコード化されている(《天平・平安時代の音楽--古楽譜の解読による》,日本コロムビア,1965)。
雅楽
執筆者:

狭義の伎楽には各種の伎面が用いられている。古代に伎楽具を蔵していた奈良の法隆寺や東大寺,西大寺,京都の広隆寺,福岡観世音寺などの記録や遺品から分類すると,その一組はおよそつぎの14種,23面となる。(1)〈師子〉1,(2)〈師子児〉2,(3)〈治道〉1,(4)〈呉公〉1,(5)〈金剛〉1,(6)〈迦楼羅〉1,(7)〈崑崙〉1,(8)〈呉女〉1,(9)〈力士〉1,(10)〈波羅門〉1,(11)〈大孤父〉1,(12)〈大孤児〉2,(13)〈酔胡王〉1,(14)〈酔胡従〉6~8。これは時と所によって多少の変化があったかもしれない。(1)~(3)は行道面(ぎようどうめん)中の師子の一群の祖型とも考えられる。(4)と(8)は中国風の貴人,(5)と(9)は仏寺の門に立つ阿吽(あうん)1対の仁王と等しい。(6)はインドの猛鳥の神格化されたもので(迦楼羅),鳥貌。(7)は南方の黒人がモデルであろうか,醜怪な半人半獣の相。(10)と(11)は老貌の面であるが,前者はインド四姓の最高位者の,後者は老廃者の戯画化と思われる。(12)は童貌で(2)と区別しにくい。(13)と(14)は一群の酔った胡人で,王は高い帽子をかぶり,いずれも鼻の高い異相である。伎楽面の遺品は現在二百数十面知られているが,その主なものは法隆寺関係と東大寺関係に大きく分けられる。前者は寺に2面を遺すほか,31面が東京国立博物館にあり,大部分が7世紀の作品である。後者は寺に32面と断片7面分,正倉院に162面,他所に流出したもの数面で,その中核をなすものは752年(天平勝宝4)の大仏開眼供養会のためのもので,8世紀の作品である。これらは他の楽面に比べて大ぶりで,奥行があり,面自体が後頭部まで覆うように作られているところに特色がある。したがって舞楽面や能面などが,面のほかに髪形や髪飾を舞人自身に装置するのに対して,これは仮面そのものに付加されている。この髪飾などは銅板を使用するが,面の主体部は木製か乾漆製で,7世紀の作品はクス材を用いており,8世紀以降は桐か乾漆製が主となる。伎楽はいわゆる楽舞のなかではかなり演劇的要素が強いためか,舞が生命である舞楽の面が意匠化の傾向を示すのと異なり,より自由な写実性があり,立体的なため,仏像など一般の彫刻と比較しやすい。製作者も共通する部分が多いかと思われるが,現在知られる作者はほとんど伎楽面だけの製作者のようで,すぐれたものには将李魚成延均師捨目師などがいる。例外的に画師であったもの1人が知られる。9世紀以降,伎楽そのものの衰退とともに,作品も姿を消して,鎌倉時代と江戸時代に数例を残すのみとなる。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「伎楽」の意味・わかりやすい解説

伎楽
ぎがく

古代、大陸より渡来した、仮面を使用する無言野外劇。『日本書紀』によれば、推古(すいこ)天皇20年(612)に百済(くだら)から帰化した味摩之(みまし)が呉(くれ)の国に学んで伎楽儛(くれのうたまい)を習得していたので、朝廷は大和(やまと)(奈良県)の桜井に味摩之を住まわせて、少年たちを集め、この舞を伝習させたとある。このように伎楽は中国の呉国より伝来したもので呉楽(くれがく)ともいわれるが、使用する仮面(伎楽面)の相貌(そうぼう)にいわゆる胡人(こひと)型といわれるアーリア系人種の特徴が著しい点から、その源流は西域(せいいき)方面ではないかと推定されている。伎楽という名称は、三宝供養(さんぽうくよう)の寺院楽として用いるために仏教経典にちなんだ日本での呼称であるといわれる。伎楽は大和国橘寺(たちばなでら)、山城(やましろ)国(京都府)太秦寺(うずまさでら)(広隆寺)、摂津(せっつ)国(大阪府)四天王寺にも置かれ、仏教の興隆とともにますます盛んとなり、752年(天平勝宝4)の東大寺大仏開眼供養(だいぶつかいげんくよう)にも盛大に行われた。

 伎楽の内容については1233年(天福1)10月成立の『教訓抄』巻4の記載をほとんど唯一の手掛りとして知るほかはないが、これに、法隆寺、西大寺(さいだいじ)、観世音寺(かんぜおんじ)などの資財帳にみえる伎楽面の名称を照合すると、その大要が把握できる。伎楽は行道(ぎょうどう)に演技の伴った屋外仮面芸能であるが、行道の先頭には露払いの役をする治道(ちどう)が立ったであろうといわれている。次に師子(しし)、師子児(ししこ)と続く。師子には悪魔払いの意味があり、今日四天王寺舞楽の「獅子(しし)」や各地の二人立ちの獅子舞にその名残(なごり)をとどめている。そのあとに呉公(ごこう)、金剛(こんごう)、迦楼羅(かるら)、婆羅門(ばらもん)、崑崙(こんろん)、呉女(ごじょ)、力士(りきし)、大孤父(たいこふ)、大孤児(たいこじ)、酔古王(すいこおう)、酔古従(すいこじゅう)などが続く。『教訓抄』によると、楽器は笛、三鼓(つづみ)、銅拍子(どうびょうし)。呉公は扇を持つとあるが、これには笛にあわせて舞の所作が伴ったであろうといわれている。金剛に続く迦楼羅は「ケラハミ」と称され、毒蛇を食うさまを演じたようすである。婆羅門は「ムツキアラヒ」とされているので、高徳の人物が襁褓(むつき)を洗うさまを滑稽(こっけい)に演じた、風刺性の強い演技であったと思われる。崑崙は呉女や力士との共演で、呉女に懸想(けそう)し卑猥(ひわい)なふるまいをするが、力士が出てきて懲らしめるという筋書き。大孤父は老人で、大孤児2人を伴い仏前参詣(さんけい)を示す演技をする。最後の酔古王は、従者である多くの酔古従を従え、その名称からして酒に酔ったまねをしたらしい。『教訓抄』の記述がどれだけ伝来当初の伎楽の姿を伝えているかは疑問であるが、伎楽のこのような卑俗的な滑稽さが、寺院の楽でありながら、舞楽の隆盛に押されて平安中期以降しだいに衰微していった大きな原因であった。しかし、その滑稽さが平安末から鎌倉時代初めにかけての猿楽(さるがく)に影響を与えたものと思われる。

[高山 茂]

伎楽面

伎楽面は上述の治道から酔古従まで14種あることが知られている。大多数は奈良時代に属し、法隆寺31面(東京国立博物館蔵)、正倉院164面、東大寺33面、そのほか、春日(かすが)大社などの社寺にも分散して伝えられた。法隆寺の面は味摩之の将来と伝え、正倉院のものは大仏開眼供養の伎楽に使用したものといわれる。舞楽面・能面よりも大型で、後頭部から深くかぶり、後頭部の下半に布をつけて覆うようにした形式をもつ。素材にはクスノキ、キリなど木彫製のものと乾漆製のものとがあり、彩色にも能面とは違った華麗さがあるが、大型で目・鼻・口から外がよく見えるようになっているのは、伎楽が野外芸能であったためといわれる。また、役の名、作者、年月日などの銘が記されているものもあり、芸能史、仮面史にとっての貴重な資料になっている。

[高山 茂]

『正倉院事務所編『正倉院の伎楽面』(1972・平凡社)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「伎楽」の意味・わかりやすい解説

伎楽
ぎがく

日本最古の外来芸能で,笛,三鼓(くれのつづみ。→),銅拍子(どびょうし。→銅鈸)の伴奏で野外で行なわれた仮面劇。古くは「くれのうたまい」といい,「伎楽舞」「呉楽」とも記した。『日本書紀』には,推古20(612)年に百済渡来人である味摩之が,で学んだ伎楽を大和国の桜井で少年を集めて習わせたとある。伎楽面に胡人型(こひとがた。アーリア人型)の特徴が著しいことや,登場人物の名にインド的なものがあることなどから,インドを含む西域一帯が源流と考えられている。伎楽は大宝令(→大宝律令)には朝廷の楽として記されているが,もっぱら寺院の楽として用いられ,諸大寺で伎楽者を養成したため,聖武天皇の天平3(731)年の雅楽寮楽員生員のなかからは省かれている。鎌倉時代に著された楽書『教訓鈔』によれば滑稽野卑な無言劇であったことが知られるが,伎楽に次いで大陸から渡来した舞楽散楽に圧倒されたのか,平安時代にしだいに衰微した。現存する多数の伎楽面が一時期の隆盛を物語っている。また,日本各地に分布する二人立ちの獅子舞は,伎楽の獅子がその源流とされ,伎楽の行道(ぎょうどう)の露払い役である治道(ちどう)は,今日,祭礼行列の先頭に立つ猿田彦に名残りをとどめている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

普及版 字通 「伎楽」の読み・字形・画数・意味

【伎楽】ぎがく

音楽舞妓。唐・韓〔唐朝散大夫~孔君(戡)墓誌銘〕を以て辭去し、東東に臥し、酒・伎樂の燕に與(あづか)らず。

字通「伎」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

百科事典マイペディア 「伎楽」の意味・わかりやすい解説

伎楽【ぎがく】

上代日本に渡来した仮面音楽劇。3種類ばかりの楽器の伴奏により無言で滑稽(こっけい)な仕草を演じた。呉楽(くれのうたまい)ともいい,記録では,612年に百済の味摩之(みまし)が呉で学んだものを伝えたというが,呉という地がどこであったかはっきりしない。その後主として大寺院の保護のもとに伝承されたが今日には伝わらず,仮面(伎楽面),装束,楽譜,楽器などが遺存するのみである。なお,四天王寺(大阪)の聖霊会で演じられる《菩薩》《獅子》は伎楽の痕跡をとどめるものといわれる。
→関連項目演劇軽業

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版 「伎楽」の解説

伎楽
ぎがく

飛鳥時代,中国から伝わった喜劇的な舞踊
呉楽 (くれのがく) ともいう。612年百済 (くだら) 人味摩之 (みまし) が伝えたという。仮面をかぶり,横笛や腰鼓などを伴奏に舞うもので,寺院の法会や宮中の舞楽会などで行われた。正倉院・法隆寺などに伎楽面が残る。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

日本文化いろは事典 「伎楽」の解説

伎楽

伎楽とは、中国から伝わった大きな仮面をつけて演じられる台詞の全くない無言劇です。仮面舞踏劇のようなもので、聖徳太子の時代に盛んに行われていましたが、次第に大陸から伝わった雅楽などの新しい芸能の伝来によってだんだんと廃れていってしまいました。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内の伎楽の言及

【朝鮮音楽】より

…《隋書》には,百済の楽器として,鼓,角,箜篌,箏,竽(う),篪(ち),笛があげられている。日本との関係は注目すべきで,7世紀初めに,百済人の味摩之(みまし)は中国南部の呉で伎楽を学び,それを日本に伝えたと《日本書紀》にある。ソウル大学校の李恵求は,この伎楽は朝鮮にも伝わり,今日韓国に伝承する山台都監(仮面劇)は同じ系統の仮面舞踊劇であることを証明した。…

【日本音楽】より

…この期の末には,大陸から新羅楽(しらぎがく)や百済楽(くだらがく)が伝来したが,それらは来日外人によって奏されただけで,日本人が学ぶようなことはなかったようである。
[第2期]
 大陸音楽輸入時代(7~8世紀) 612年(推古20)百済の味摩之(みまし)がきて,少年たちに伎楽(ぎがく)を教えた。これが文献上明らかにされている日本における外国音楽教習の最初である。…

【仏教音楽】より

…これらは音声の学術,すなわち声明として体系化され,やがて中国,日本にまで伝えられることになる。
[伎楽]
 伎楽という言葉は,しぐさをもつ舞踊を意味するサンスクリット語ヌリティヤnṛtyaの訳語として漢訳経典に現れる。これは音楽劇(ナーティヤnāṭya)の主要部分をなすものであるが,別にヌリティヤと呼ばれる仮面劇が独立に存在したとも考えられている。…

【味摩之】より

…7世紀初めに百済から渡来して伎楽(ぎがく)を伝えた人物。生没年不詳。…

※「伎楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android