コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏星為戒 ぶっしょう いかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仏星為戒 ぶっしょう-いかい

1742-1818/28 江戸時代中期-後期の僧。
寛保(かんぽう)2年生まれ。曹洞(そうとう)宗。隆峰祖紹の法をつぐ。武蔵(むさし)越生(おごせ)(埼玉県)竜穏(りゅうおん)寺をへて越前(えちぜん)(福井県)永平寺住持となった。文政元/11年9月4日死去。77/87歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。俗姓は堀尾。諡号(しごう)は昭化理宗禅師。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

仏星為戒の関連キーワード白河藩カトウィツェ生田流三田藩梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政ガーイクワール

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone