コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏海 ぶっかい

2件 の用語解説(仏海の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仏海 ぶっかい

1828-1903 江戸後期-明治時代の行者。
文政11年5月9日生まれ。湯殿山で修行をつみ,終生木食行をつづける。郷里新潟県村上の観音寺住持となり,明治36年3月20日死去。76歳。遺言により結跏趺坐(けつかふざ)の姿で石室に埋葬された。昭和36年発掘調査され,そのミイラが即身仏としてまつられた。俗名は近藤庄次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

仏海

没年:明治36.3.20(1903)
生年:文政11.5.9(1828.6.20)
江戸末期から明治時代の出羽湯殿山の一世行人。越後国(新潟県)村上の商人近藤庄助の長男。幼名庄次郎。16歳のとき,背負っていた近所の子供を誤って地面に落とし,出家を志す。弘化2(1845)年注連寺で入門。1000日,湯殿山奥の院近くの仙人沢で山籠修行を2度行う。文久2(1862)年より木食行を生涯続け,土中入定を志すが法律で許されないため,埋葬後,3年して掘り出すよう遺言して入滅。その後の昭和36(1961)年,日本ミイラ研究グループにより発掘,ミイラ化されて,観音寺(新潟県村上市)に即身仏として祀られた。その墓は切り石で石室がつくられ,底には鉄棒で井桁を組んでその上に棺を乗せ湿気を防ぐ工夫がしてあった。入定塚の構造を推定する上で貴重な資料。<参考文献>日本ミイラ研究グループ編『日本ミイラの研究』

(内藤正敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仏海の関連キーワード出羽三山湯殿山湯殿山神社御蝦蛄三山蔵六鉛銭忠海鉄門海鉄竜海

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仏海の関連情報