コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯殿山 ゆどのさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯殿山
ゆどのさん

山形県中部,朝日山地の北部にある山。標高 1500m。月山南西寒河江市鶴岡市のほぼ中間に位置する。梵字川上流仙人沢の奥に湯殿山神社がある。月山羽黒山とともに出羽三山奥の院ともいわれ,広く信仰されている。社殿などの建造物はなく,輝石安山岩巨岩から湧出する温泉が御神体である。仙人沢をやや下ったところに仙人沢祈梼所がある。6体のミイラ (即身仏) が残されており,最古は 14世紀のもの。仙人沢でミイラをつくったと伝えられている。国道 112号線より湯殿山道路が通じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

湯殿山【ゆどのさん】

山形県中部の山。出羽三山の一つで,標高1500m。三山の一つとなったのは戦国期末とされ,近世には三山の総奥院とされた。月山(がっさん)の南西部にある寄生火山で,火口壁の一部とされ,火口瀬の梵字(ぼんじ)川左岸に湯殿山神社がある。
→関連項目行人坂出羽三山神社西川[町]山形[県]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆどのさん【湯殿山】

山形県中部の山。東田川郡朝日村に属する。標高1500m。月山の南西に連なる側火山で,月山,羽黒山とともに出羽三山と呼ばれる。元来は一つの山の呼称ではなく,北麓の仙人沢(梵字川源流部)にある温泉塔を神体とする湯殿山神社一帯を指した。空海の開基伝承を伝え,修験者によって古くから開かれたとされ,9世紀には湯殿山登山口の拠点として北西の注連(ちゆうれん)寺(朝日村七五三掛(しめかけ)),大日坊(同村大網)などがつくられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆどのさん【湯殿山】

山形県中部、月山がつさんの西に連なる山。月山・羽黒山とともに出羽三山の一で、三山の奥の院とされる。海抜1504メートル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山形県〕湯殿山(ゆどのさん)


山形県中央部、月山(がっさん)の南西腹に噴出した火山。標高1500m。仙人(せんにん)岳とも。古来、月山・羽黒(はぐろ)山とともに出羽(でわ)三山として信仰された霊山で、羽黒修験(しゅげん)道にとっては奥の院にあたり、「極意(ごくい)の山」と称された。信仰対象は山頂そのものではなく北麓(ほくろ)の仙人沢上流域一帯で、とくに湯殿山神社の御神体とされる霊泉・巨岩をさす。磐梯朝日(ばんだいあさひ)国立公園に含まれる。湯殿山神社入り口の参籠所(さんろうしょ)まで湯殿山有料道路が通じる。周辺にはスキー場が多い。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯殿山
ゆどのさん

山形県中央部、鶴岡(つるおか)市の東部にある山。月山(がっさん)の南西山腹にあたり、最高所は1500メートル。月山火山中でもっとも古い火山で、安山岩や石英安山岩からなり、鐘状を示す。月山、羽黒山とともに出羽(でわ)三山の一つで、湯殿山神社は最高所の湯殿火山の北方を深くうがつ仙人沢にあり、谷底に湧出(ゆうしゅつ)する温泉の沈殿物に覆われた岩石の温泉塔を御神体とする。出羽三山の奥の院ともいわれ、古来口外禁止の地であり、「語るなかれ、聞くなかれ」と戒められてきた。芭蕉(ばしょう)も『おくのほそ道』で「語られぬ湯殿にぬらす袂(たもと)かな」と詠んでいる。湯殿山を経て月山への登拝路は出羽三山のうちの最難所とされた。国道112号が湯殿山温泉まで通じ、その先は湯殿山道路(有料)が参籠所まで通じる。JR羽越本線鶴岡(つるおか)駅から仙人沢までバスの便がある。[中川 重]
『『出羽三山・葉山』(1975・山形県総合学術調査会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の湯殿山の言及

【温泉】より

…同様に東北最北端の恐山は死霊の集まる霊山とされているが,その宇曾利山湖の周辺には強烈な臭気を発する硫黄泉が噴出し,参詣者の心身をいやす温泉場が設けられている。また出羽三山の一角を占める湯殿山でも,山頂にある神体の大石からは熱泉があふれ,登拝者は裸足をひたして心身のよみがえりを祈る。一般に日本には禊祓の伝統があり,それによって罪やけがれを払うとする観念があったが,温泉による蘇生の観念もそのような伝承と結びつき,とくに治病効果がつよく期待されたのである。…

【出羽三山】より

…山形県のほぼ中央部,朝日山地の北端部に位置する月山(がつさん)(1979.5m),湯殿山(1500m),羽黒山(436m)の三山をあわせていう。月山と湯殿山は近接しているが,羽黒山は両山の北約20kmに位置する。…

【木食上人】より

…やがて,修験道(しゆげんどう)がさかんになると,各地の修験の霊場には人々の崇敬を集める木食上人があらわれ,そのまわりに半僧半俗の木食行者たちが集まるようになった。また,木食の行も,例えば湯殿山ではそばと飴(あめ)は食することを認めるというように,土地によってこまかな戒が定められるようになった。東北地方を中心に見られる即身仏の信仰の中で,仏になる行者は長期間の木食行によって身心を浄めるとされたが,木食上人への崇敬は,修験系の信仰を通じて日本の各地に広まった。…

※「湯殿山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

湯殿山の関連キーワード栃木県日光市湯西川山形県鶴岡市田麦俣六十里越(山形)山形県鶴岡市大網西川[町]朝日[村]三神合祭殿能除太子月山神社出羽神社月直清親山岳崇拝鉄竜海富久心鉄門海本明海注連寺忠海明海霊泉

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯殿山の関連情報