コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏猊 ぶつげい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仏猊 ぶつげい

1762-1793* 江戸時代中期-後期の僧。
宝暦12年4月8日生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の敬光に天台をまなび,唯識(ゆいしき),倶舎(くしゃ)にも通じた。のち敬光より蔵書をゆずりうけ,講義と著作に専念した。没後,弟子の敬長の編集で詩文集「空画遺芳」が刊行された。寛政4年12月27日死去。31歳。京都出身。俗姓木田。字(あざな)は霊哮。号は空画,華王院。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

仏猊の関連キーワードルイ17世ピョートル3世ルソー(Jean-Jacques Rousseau)ナポレオン1世マリ・アントアネットロベスピエール総合年表(アメリカ)桃園天皇ビュート伯後桜町天皇

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android