コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏猊 ぶつげい

1件 の用語解説(仏猊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仏猊 ぶつげい

1762-1793* 江戸時代中期-後期の僧。
宝暦12年4月8日生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の敬光に天台をまなび,唯識(ゆいしき),倶舎(くしゃ)にも通じた。のち敬光より蔵書をゆずりうけ,講義と著作に専念した。没後,弟子の敬長の編集で詩文集「空画遺芳」が刊行された。寛政4年12月27日死去。31歳。京都出身。俗姓は木田。字(あざな)は霊哮。号は空画,華王院。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

仏猊の関連キーワード荒木呉江慧寂小田玄蛙狩野探牧佐竹義祗西奴樗雲花安松江子堀田正穀渡辺豪綱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone