神罰(読み)しんばち

精選版 日本国語大辞典「神罰」の解説

しん‐ばち【神罰】

〘名〙 (「ばち」は「罰」の呉音) =しんばつ(神罰)
※神皇正統記(1339‐43)中「讒を入れし大臣はのちなくなりぬ、同心ありけるたぐひもみな神罰(シンバチ)をかうぶりにき」

しん‐ばつ【神罰】

〘名〙 (「ばつ」は「罰」の慣用音) 神がくだす罰。神から受ける罰。しんばち。
※平家(13C前)二「山王大師の神罰冥罰をたちどころにかうぶって、かかる目にあへりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の神罰の言及

【罰】より

…罰には,社会的規範にそむいた者に対して法的制裁を加える刑罰と,倫理的・宗教的規範を犯した者に加えられる超越的な制裁(天罰,神罰,仏罰)の2種がある。前者の刑罰については古くから,犯罪に対する応報的な刑罰と,犯罪の発生を予防するための抑止的な刑罰の2種の考え方があったが,罰として科せられる不快・苦痛の度合にもその考えにもとづいて軽重の差が設けられた。…

※「神罰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android