コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕入れ シイレ

3件 の用語解説(仕入れの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し‐いれ【仕入れ】

商品や原料を買い入れること。「仕入れ値段」「仕入れ帳」
教え込むこと。
「物は―によって何事も」〈浮・諸国ばなし・四〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しいれ【仕入れ】

商品・原材料などを仕入れること。 「 -帳」
しこむこと。訓練すること。 「元来女郎と野郎は凡夫の生いたちの-から違ふた物なり/浮世草子・禁短気」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仕入れ
しいれ

広義には財貨の購入すべてをいうが、一般には販売のための商品の調達のみをいう。仕入れの態様は、商品の種類、商業経営の種類(卸売り・小売りの別)、季節、地域などにより多様であるが、その要点は、品種、時期、量、価格、仕入れ先を適正にすることである。適正な品種とは、顧客と経営の欲求をともに満足させる商品であり、市場調査不可欠の前提となる。適正な時期は、季節品や流行品の場合、決定的である。適正な量は予想販売量と適正在庫量によって左右されるが、仕入れ価格との関連で、大量仕入れか当用仕入れかが問題になる。両者の長短は背反関係にあるが、両立する方法として共同仕入れやチェーン・ストアの形式なども考えられる。価格はこのような仕入れの方法とともに、支払い条件にも影響される。この点では信用仕入れよりも現金仕入れのほうが優れている。仕入れに際しては、見本やカタログよりも実物により、また間接仕入れよりも直接仕入れであることが望ましい[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仕入れの関連キーワード買入原価買値肥代仕入れる抜け買い買入れ買出す買付け買付ける買控え

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仕入れの関連情報