コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕入れ シイレ

デジタル大辞泉の解説

し‐いれ【仕入れ】

商品や原料を買い入れること。「仕入れ値段」「仕入れ帳」
教え込むこと。
「物は―によって何事も」〈浮・諸国ばなし・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しいれ【仕入れ】

商品・原材料などを仕入れること。 「 -帳」
しこむこと。訓練すること。 「元来女郎と野郎は凡夫の生いたちの-から違ふた物なり/浮世草子・禁短気」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仕入れ
しいれ

広義には財貨の購入すべてをいうが、一般には販売のための商品の調達のみをいう。仕入れの態様は、商品の種類、商業経営の種類(卸売り・小売りの別)、季節、地域などにより多様であるが、その要点は、品種、時期、量、価格、仕入れ先を適正にすることである。適正な品種とは、顧客と経営の欲求をともに満足させる商品であり、市場調査が不可欠の前提となる。適正な時期は、季節品や流行品の場合、決定的である。適正な量は予想販売量と適正在庫量によって左右されるが、仕入れ価格との関連で、大量仕入れか当用仕入れかが問題になる。両者の長短は背反関係にあるが、両立する方法として共同仕入れやチェーン・ストアの形式なども考えられる。価格はこのような仕入れの方法とともに、支払い条件にも影響される。この点では信用仕入れよりも現金仕入れのほうが優れている。仕入れに際しては、見本やカタログよりも実物により、また間接仕入れよりも直接仕入れであることが望ましい。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

仕入れの関連キーワードマーチャンダイジングボランタリーチェーン自動的購買高調整法マーチャンダイザーアウトレットストアばった屋・バッタ屋買い入れ・買入れスーパーバイザー先入れ先出し輸出免税制度仕入控除税額原価・元価取込み詐欺売上総利益買掛金勘定元が切れるベンダーばった屋仕入れ物注文流れ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仕入れの関連情報