他殖性植物(読み)たしょくせいしょくぶつ(英語表記)allogamous plant

世界大百科事典 第2版「他殖性植物」の解説

たしょくせいしょくぶつ【他殖性植物 allogamous plant】

おもに他殖によって生殖する被子植物のこと。別の個体間の受精他家受精といい,この形式による生殖を他殖という。これに対して同一個体内での受精を自家受精といい,おもにこの形式によって生殖する被子植物を自殖性植物という。生物種の分化過程では自殖性植物が被子植物の原型であり,その後いろいろの花器形態に分化した他殖性植物ができたものと推測されている。雌雄異株雌花雄花が別の個体にできるから他殖性で,ホウレンソウ,ホップなどがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android