他殖性植物(読み)たしょくせいしょくぶつ(英語表記)allogamous plant

世界大百科事典 第2版「他殖性植物」の解説

たしょくせいしょくぶつ【他殖性植物 allogamous plant】

おもに他殖によって生殖する被子植物のこと。別の個体間の受精他家受精といい,この形式による生殖を他殖という。これに対して同一個体内での受精を自家受精といい,おもにこの形式によって生殖する被子植物を自殖性植物という。生物種の分化過程では自殖性植物が被子植物の原型であり,その後いろいろの花器形態に分化した他殖性植物ができたものと推測されている。雌雄異株雌花雄花が別の個体にできるから他殖性で,ホウレンソウ,ホップなどがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android