コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自殖性植物 じしょくせいしょくぶつautogamous plant

世界大百科事典 第2版の解説

じしょくせいしょくぶつ【自殖性植物 autogamous plant】

おもに自殖によって生殖する被子植物のこと。自殖率はおおむね高いが,植物によっては90%を下回ることもある。同一個体内での受精を自家受精といい,この形式による生殖を自殖という。自家受精は雌花と雄花が別々になっている雌雄異花のときに起こる受粉(隣花受粉)と,一つの花の中に雌雄器官がそろっている両全花のときに起こる受粉(同花受粉)との2種類の形式で生ずる。しかし,雌雄異花のばあいは他殖率のほうが高いので他殖性植物に該当する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

自殖性植物の関連キーワード雄性不稔採種実生

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android