コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

他田日奉部神護 おさだのひまつりべの じんご

2件 の用語解説(他田日奉部神護の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

他田日奉部神護 おさだのひまつりべの-じんご

?-? 奈良時代の豪族。
平城左京七条(奈良市)にすむ。下総(しもうさ)下海上(しもつうなかみ)(千葉県)の国造(くにのみやつこ)の子孫で,海上郡が設置されて以来の郡司の家柄。養老2年(718)藤原麻呂の資人(しじん)となり,天平(てんぴょう)元年から中宮舎人(とねり)をつとめた。20年海上郡大領(郡司)に任命してほしいと申請した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

他田日奉部神護

生年:生没年不詳
奈良時代の下級官人。東国の地方豪族の出身。平城京左京七条に本籍を持っていたが,天平20(748)年故郷の下総国海上郡(千葉県)の郡大領(郡役人の筆頭)に任命されることを請うた文書を残している。それによると祖父以来,父の宮麻呂も兄の国足も海上郡の郡司であることをあげ,また都では,養老2(718)年から神亀5(728)年まで藤原房前の資人として仕え,その後天平20年までは中宮宮子の舎人として仕えたことをあげて,海上郡大領に任命されることを望んでいる。このように奈良時代の地方豪族出身の下級官人のなかには,中央の官司で舎人として経歴を積み,やがては出身地の郡司となってUターンする出世コースを歩む者が多かったらしい。

(鬼頭清明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

他田日奉部神護の関連キーワード官人郡司舎人女官下級官庁大粮生江東人国造豊足下道圀勝道守床足

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone