付合・附合(読み)ふごう

精選版 日本国語大辞典「付合・附合」の解説

ふ‐ごう ‥ガフ【付合・附合】

〘名〙
① 付け合わせること。くっつけること。
② 添付の一形態。所有者を異にする二個以上の物が結合して、物理的・社会経済的にみて分離不能の状態になること。原則として一個の物として取り扱われ、動産が不動産に付合した場合は不動産の所有者が、動産と動産が付合した場合には主たる動産の所有者が所有権を取得する。
民法(明治二九年)(1896)二四二条「其不動産のとして之に附合したる物の所有権を取得す」
③ 二つ以上の物事がぴったり照応すること。符合
最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉一四「其土地に附合(フゴウ)する商売仕組に於ても亦おのづから一種の方法なかるべからず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android