コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付(け)祭(り) ツケマツリ

デジタル大辞泉の解説

つけ‐まつり【付(け)祭(り)】

江戸時代、日枝(ひえ)神社神田明神などの祭礼に、町々からの山車(だし)のほかに余興として引き出す踊り屋台。その上で娘や子供に手踊りなどをさせた。
つけ添えて言ったり、おこなったりすること。また、小言などを言うたびにつけ加えて言う決まり文句。
「南京の鉢(はち)を割ったことが、いつの小言にも―だ」〈滑・浮世風呂・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

付(け)祭(り)の関連キーワード葛西囃子祭囃子

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android