コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付(け)祭(り) ツケマツリ

1件 の用語解説(付(け)祭(り)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つけ‐まつり【付(け)祭(り)】

江戸時代、日枝(ひえ)神社神田明神などの祭礼に、町々からの山車(だし)のほかに余興として引き出す踊り屋台。その上で娘や子供に手踊りなどをさせた。
つけ添えて言ったり、おこなったりすること。また、小言などを言うたびにつけ加えて言う決まり文句。
「南京の鉢(はち)を割ったことが、いつの小言にも―だ」〈滑・浮世風呂・二〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

付(け)祭(り)の関連キーワード芝崎好寛神田神社山王祭日枝神社和笛神田明神蔵前橋通り山形県鶴岡市日枝東京都千代田区外神田滋賀県湖南市日枝町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone