コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙【がい】 せんがい

1件 の用語解説(仙【がい】の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

仙【がい】【せんがい】

江戸後期の禅僧。諱(いみな)は義梵(ぎぼん)。美濃(みの)の農家に生まれ,同地の清泰(せいたい)寺で得度。のち博多の聖福(しょうふく)寺の住職となり,大衆教化に努めた。
→関連項目出光美術館禅宗美術富田渓仙

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

仙【がい】の関連キーワード仙厓義梵春応僧萬庵万里虎関菅江嶺勇村一甫護峰宗行仙厓沢庵義梵

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone