仙【がい】(読み)せんがい

百科事典マイペディア「仙【がい】」の解説

仙【がい】【せんがい】

江戸後期の禅僧。諱(いみな)は義梵(ぎぼん)。美濃(みの)の農家に生まれ,同地の清泰(せいたい)寺で得度。のち博多の聖福(しょうふく)寺の住職となり,大衆教化に努めた。晩年,虚白(きょはく)院に隠棲(いんせい)し,独特の洒脱(しゃだつ)な墨画を描き,白隠(はくいん)とともに近世禅画を代表する。
→関連項目出光美術館禅宗美術富田渓仙

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android