コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田渓仙 とみたけいせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富田渓仙
とみたけいせん

[生]1879.12.9. 博多
[没]1936.7.6. 京都
日本画家。本名は鎮五郎 (しげごろう) 。号は渓仙,久鼓庵。初め狩野派の手ほどきを受け,1896年京都へ出て四条派を学んだ。のち仙崖,与謝蕪村私淑富岡鉄斎傾倒し,また仏画の研究を重ねた。横山大観のすすめで,1915年再興日本美術院の同人となり,南画風の異色ある大作を発表し,自由闊達な独自の画風をつくり上げた。 22年詩人の P.クローデルと親交を結び『皇城十二景』 (1922) ,『四風帖』 (26) などを合作。主要作品『宇治川の巻』 (15,京都市美術館) ,『紙漉き』 (28,東京国立近代美術館) ,『伝書鳩』 (34,京都市立美術館) ,『万葉春秋』 (36,京都国立近代美術館) ,絶筆『嵐峽雨罷』 (36) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とみた‐けいせん〔‐いさを〕【富田渓仙】

[1879~1936]日本画家。福岡の生まれ。本名、鎮五郎(しげごろう)。狩野派・四条派を学び、のち富岡鉄斎に私淑。南画の雅趣根底に自由闊達(かったつ)な画風を示した。作「雷神風神」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

富田渓仙【とみたけいせん】

日本画家。福岡生れ。本名鎮五郎。京都に出て都路(つじ)華香四条派を学ぶ。のち仙【がい】富岡鉄斎に傾倒,また奈良・平安時代仏画を研究し,文展院展に出品。文人画風の自由な表現と平安朝の仏画や大和(やまと)絵の優雅で濃密な美感を総合し,近代的感覚にあふれる画風を開いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

とみたけいせん【富田渓仙】

1879~1936) 日本画家。福岡県生まれ。狩野派・四条派を学んだのち、南画の精髄を極め、自在な境地に達した。作「雷神・風神」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の富田渓仙の言及

【明治・大正時代美術】より

…再興の宣言に,〈自由の天地〉で〈吾ら自己の芸術〉をめざすとうたい,大正デモクラシーやヒューマニズムの流れの中で,少数精鋭の団結により,個性尊重の精神をみなぎらせる精進を重ねた。再興日本美術院は小林古径,前田青邨,富田渓仙(1879‐1936),中村岳陵,小川芋銭(うせん)(1868‐1938),北野恒富(1880‐1947),速水御舟,川端竜子,近藤浩一路(1884‐1962),郷倉千靱(せんじん)(1892‐1975),堅山南風(かたやまなんぷう)(1884‐1980)ら,数多くの個性的な日本画家を生み出し,大正から昭和にかけての日本画界を支える中核となった。なお院展洋画部からは,二科展に出品した関根正二とともに,日本の青春ともいうべき大正期の象徴的存在である村山槐多が出ている。…

※「富田渓仙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

富田渓仙の関連キーワード福岡市美術館12月9日中島菜刀佐野光穂やまと大和絵富田

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android