コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙国彦助(初代) せんごく ひこすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仙国彦助(初代) せんごく-ひこすけ

1684-1740 江戸時代中期の歌舞伎役者。
貞享(じょうきょう)元年生まれ。初代中村助五郎の父。初代中村七三郎の門弟。正徳(しょうとく)のころより江戸道外方(どうけがた)の随一と称された。元文5年4月26日死去。57歳。屋号は正月屋。仙国は仙石ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

仙国彦助(初代)の関連キーワード市川団蔵貞享マリア・テレジア市川団蔵(初代)長谷川次郎兵衛(3代)市川団蔵稲葉正休岡村十兵衛堀田正俊金鍔

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone