正月屋(読み)ショウガツヤ

大辞林 第三版の解説

しょうがつや【正月屋】

江戸時代、汁粉や雑煮などを商う大道商人。多く、行灯にこの名を書いて売り歩いたことからいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうがつ‐や シャウグヮツ‥【正月屋】

[1] 〘名〙 (多く看板にこの名を書いていたところから) 江戸時代、しるこや雑煮などを売り歩いた大道商人
洒落本・当世繁栄通宝(1781)「ふうりんがなればそばをよび、正月やといへばぞうにと」
[2] 歌舞伎俳優、坂田半五郎の代々およびその一門の家号。
※洒落本・廓大帳(1789)一「滝のやと正月やに、こまといふ舞台がきついものさ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の正月屋の言及

【汁粉】より


[汁粉売と汁粉屋]
 幕末には江戸,京都,大坂の三都ともに汁粉売の姿が見られた。夜鷹そば屋のような屋台を担って歩き,行灯に〈正月屋〉と書くことが多かったので,それが汁粉売の通称とされた。正月屋の名は汁粉のほか雑煮を売ったことによるらしい。…

※「正月屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正月屋の関連情報