コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリードリヒ(2世) ふりーどりひFriedrich Ⅱ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリードリヒ(2世)(プロイセン国王)
ふりーどりひ
Friedrich
(1712―1786)

プロイセン国王(在位1740~86)。啓蒙(けいもう)絶対主義を代表する名君で「大王」der Groeといわれる。幼少時より文芸、音楽に親しみ、フランスの啓蒙思想の影響を強く受けた。父の「軍人王」フリードリヒ・ウィルヘルム1世とは折り合いが悪く、イギリスに逃亡を企てて逮捕されたこともある。彼が即位前に著し、ボルテールの助力を得て即位の年(1740)に出版した『反マキャベッリ論』には「君主は人民の第一の下僕」とあり、これは啓蒙絶対主義の理念を示すことばとして有名になった。
 しかし、即位後の治世は戦争に次ぐ戦争である。まず2回にわたるシュレージエン戦争(1740~42、1744~45)でオーストリアからシュレージエンを奪取。これによりオーストリア女帝マリア・テレジアの恨みを買い、オーストリアがフランス、ロシアと結んでプロイセン包囲網をつくると、1756年先手を打って戦いを仕掛け、以後63年までの7年間、ほとんど全ヨーロッパ列強を相手に勇戦し(国民人口からすると500万人対9000万人の戦いであった)、何度も窮地に陥りながら耐え抜いてシュレージエンを確保した。しかし戦争で受けた国の被害は大きく、以後国王は、外交的には現状維持を図りつつ、国力の回復と増強のために国民に率先して働いた。起床は夏は4時、冬でも5時で、1日のうち国務に10時間、読書と著述に4時間、社交と音楽に2時間をあてるのが日課であった。彼の施政では、言論・信教の自由の承認や法典の編纂(へんさん)事業などに啓蒙主義者としての面目が現れ、また国内の開拓や植民、農法の改善や産業振興策にもみるべきものがあるが、経済政策は概して重商主義の枠内にとどまり、また社会の身分制的編成を擁護し、貴族を偏重するなど、啓蒙主義者らしからぬ面もあった。しかしともあれ彼はその治世の間、シュレージエン獲得のほか、第一次ポーランド分割(1772)によって国土を大幅に拡大するとともに、父親から受け継いだ700万ターラーの国庫準備金を5000万ターラーに増やした。
 フランス文化の心酔者であった彼は、即位後ベルリン近郊のポツダムにロココ風の宮殿を造営、これを「サン・スーシ(無憂)宮」と名づけて、ここで政務のかたわらボルテールなど彼が招いたフランス文人との交遊を楽しんだ。「サン・スーシの哲学者」とよばれたように当代一流の文化人だったが、ドイツ文化に対する理解は乏しかった。[坂井榮八郎]
『ディルタイ著、村岡晢訳『フリードリヒ大王とドイツ啓蒙主義』(1975・創文社) ▽村岡晢著『近代ドイツの精神と歴史』(1981・創文社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フリードリヒ(2世)の関連キーワードマリア・テレジア