コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮の宿 カリノヤド

デジタル大辞泉の解説

かり‐の‐やど【仮の宿】

一時的に身を寄せる所。また、旅先の宿。仮の住まい。
「ありはてぬうき世の中の―いづくにわきて心とどめん」〈続千載・雑下〉
仮の世」に同じ。
「世をいとふ人とし聞けば―に心留(と)むなと思ふばかりぞ」〈新古今羇旅

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かりのやど【仮の宿】

一時的に泊まったり、住んだりする家。また、旅先の宿。
はかない現世。この世。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

仮の宿の関連キーワード生は寄なり,死は帰なり岸田 理生何ならず鶴橋康夫中島 葵岸田理生仮の宿り下重暁子にか家居受肉庵る旅先仮庵

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仮の宿の関連情報