仮の世(読み)カリノヨ

デジタル大辞泉の解説

かり‐の‐よ【仮の世】

無常なこの。はかない現世。うきよ。
「風そよぐ篠(しの)の小笹(をざさ)の―を思ふねざめに露ぞこぼるる」〈新古今・雑上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かり【仮】 の 世(よ)

無常な現世。はかないこの世。かりのやど。かりのこの世。
※源氏(1001‐14頃)幻「泣く泣くも帰りにしかなかりの世はいづこもつひの常世(とこよ)ならぬに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる