コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本朝女鑑 ほんちょうじょかん

1件 の用語解説(本朝女鑑の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほんちょうじょかん【本朝女鑑】

仮名草子。浅井了意の作か。1661年(寛文1)刊。12巻。日本の古代から江戸時代に至る名女・賢女の列伝で,〈賢明〉16名,〈仁智〉15名,〈節義〉20名,〈貞行〉15名,〈弁通〉19名を挙げる。中国の劉向《列女伝》に対抗して,日本の女性のみを並べたもので,女性教訓書として最大の説話集である。最後に〈女式〉として女性の心得を書いている。儒教的な色彩が強いが,後の賢女説話に影響を与えた。【野田 寿雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

本朝女鑑の関連キーワード順治帝徳川綱重徳川頼房煮売屋順治帝寛文嵐三右衛門寛文模様藩札文字の獄

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone