本朝女鑑(読み)ほんちょうじょかん

世界大百科事典 第2版の解説

仮名草子。浅井了意の作か。1661年(寛文1)刊。12巻。日本の古代から江戸時代に至る名女・賢女の列伝で,〈賢明〉16名,〈仁智〉15名,〈節義〉20名,〈貞行〉15名,〈弁通〉19名を挙げる。中国の劉向《列女伝》に対抗して,日本の女性のみを並べたもので,女性教訓書として最大の説話集である。最後に〈女式〉として女性の心得を書いている。儒教的な色彩が強いが,後の賢女説話に影響を与えた。【野田 寿雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android