コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮囲い かりがこいtemporary enclosure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仮囲い
かりがこい
temporary enclosure

工事現場,加工場,資材置場などの周囲を,工事期間中かりに囲う囲い。作業場,加工場,置場などの区画を明らかにし,関係者以外の立入禁止,盗難防止,区画外への資材,粉塵などの飛散防止などをおもな目的とする。そのほか市街地においては美観通行人に対する安全性が要求される。高さは3~4mのものが多い。材料としては鋼製板,波鉄板,合板有刺鉄線などが用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かり‐がこい〔‐がこひ〕【仮囲い】

建築・工事場に仮に設ける囲い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

リフォーム用語集の解説

仮囲い

防犯や安全、防塵、遮風、遮音目的で工事期間中の工事現場と外部を遮断ため設けられる高さ2m以上の防護板。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

仮囲いの関連キーワード防犯矢来

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仮囲いの関連情報