コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮声帯発声 かせいたいはっせいDysphonia Plicae Ventricularis

家庭医学館の解説

かせいたいはっせい【仮声帯発声 Dysphonia Plicae Ventricularis】

[どんな病気か]
 声帯の上部に、声帯と形態の似た、仮声帯と呼ばれる粘膜(ねんまく)のひだがあり、これは正常の発声には関与していません。
 仮声帯が病的に振動してしまうために生じた音声障害(嗄声(させい)=しわがれ声)を仮声帯発声といい、正常な声帯の振動が妨げられて嗄声が生じます。
 間接喉頭鏡(かんせつこうとうきょう)か喉頭内視鏡の検査を行ないながら発声させることで、容易に診断できます。
[原因]
 仮声帯が内転しすぎたり、慢性炎症で仮声帯粘膜の肥厚(ひこう)がおこり、内方に突出したりして、発声時に振動してしまうことによって生じます。
 機能性の仮声帯発声は、精神的な問題(心因)が関与するとも考えられています。
[治療]
 心因性の場合は、精神療法または精神安定剤の内服が行なわれます。
 慢性炎症による粘膜の肥厚による場合は、抗炎症治療が行なわれます。
 抗炎症治療に反応しない場合は、喉頭顕微鏡下レーザー手術で、肥厚している仮声帯粘膜を蒸散(除去すること)させます。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

仮声帯発声の関連キーワード音声障害(声の病気)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android