仮想フォルダー(英語表記)Virtual Folder

パソコンで困ったときに開く本の解説

仮想フォルダー

 実際にデータが存在する場所とは無関係に、データを入れておけるフォルダー、あるいはその機能自体のことを指します。例えば、ウィンドウズVistaや7では、検索機能との連携で使用され、特定の条件に合致するファイルが、もとのフォルダーからコピーされることなく仮想フォルダーにも表示されます。これ以外に、圧縮ファイルの内容をフォルダーのように表示し、通常のフォルダーと同じように中のファイルを出し入れできる機能も、一種の仮想フォルダーです。

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android