コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仰す オオス

デジタル大辞泉の解説

おお・す〔おほす〕【仰す】

[動サ下二]《「負(おお)す」と同語源。相手に言葉を負わせるというところから》
上位者から下位者に命じる。言いつける。
「急ぎ参るべき由言へと―・せよ」〈・夕顔〉
命令する上位者への敬意が自然に生じて、命令する意の尊敬語。お命じになる。お言いつけになる。
「惟光に車のこと―・せたり」〈・葵〉
言う」の尊敬語。おっしゃる。
「法皇、あれはいかにと―・せければ」〈平家・一〉
[補説]3の意に単独で用いるのは中世からで、中古には、多く「仰せらる」「仰せ給ふ」の形で用いられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおす【仰す】

( 動下二 )
〔尊敬の意を含むことが多い〕
上意を下達する。命ずる。言いつける。 「つかさつかさに-・せて/竹取」
「言う」の尊敬語。おっしゃる。 「他人のいはむやうに心得ず-・せらる/源氏 帚木

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

仰すの関連キーワードローゼンブラット:クリスマス・ファンタジー/piano soloプーラン(布朗)族キリスト教徒おしかくさま成田山新勝寺キリスト教会宗旨を変えるシャシャマネウズベク族ギリシア人地蔵の十福ブラフマー宗旨違い大神神社金屋子神守り本尊島原の乱大生部多飯縄権現妙の華

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android