コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

負す オウス

デジタル大辞泉の解説

おう・す〔おふす〕【負す】

[動サ下二]
《「おお(仰)す」の上代東国方言》命令する。
「潮舟の舳(へ)越そ白波にはしくも―・せたまほか思はへなくに」〈・四三八九〉
おお(負)す1」に同じ。
「越後(えちご)国より鮭を馬に―・せて」〈宇治拾遺・一〉

おお・す〔おほす〕【負す/課す】

[動サ下二]
背に負わせる。かつがせる。
「片思ひを馬荷ふつまに―・せ持て越辺に遣らば人かたはむかも」〈・四〇八一〉
責任や罪などを負わせる。
「まさに重き罪に―・せむ」〈孝徳紀〉
命じて、物などを出させる。課役する。課税する。
「諸国(くにぐに)に―・せて船舶(ふね)を造らしむ」〈皇極紀〉
名をつける。
「且名を―・せて稲田宮主須賀之八耳神(いなだのみやぬしすがのやつみみのかみ)と号(なづ)け給ひき」〈・上〉
危害などを被らせる。受けさせる。
「やにはに十二人射殺して、十一人に手―・せたれば」〈平家・四〉
負債を負わせる。貸す。
「ナンヂニ―・セタ小麦一石」〈天草本伊曽保・犬と羊〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

負すの関連キーワードJ.M. ベラスコ・イバラ捕手術(とりてじゅつ)思い上がる・思い上るミレーヌ ドモンジョ一騎討ち・一騎打ちグリルパルツァー勝ち抜き・勝抜きハンディキャップ近江泥棒伊勢乞食ポスト構造主義トラックレース手を合わせるフェンシング宿屋の女主人玉藻前曦袂飛車角落ち金武 良章竜虎相搏つ謀反勝負中村白葉

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android