コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲吉朝助 なかよし ちょうじょ

2件 の用語解説(仲吉朝助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仲吉朝助 なかよし-ちょうじょ

1867-1926 明治-大正時代の政治家,実業家。
尚泰王20年4月6日生まれ。明治25年沖縄県庁にはいる。のち県会議員,沖縄県農工銀行頭取。大正13年沖縄経済振興会専務理事,14年首里市長。土地制度の研究などをおこない,沖縄の社会経済史研究の基礎をきずいた。大正15年9月3日死去。60歳。琉球出身。帝国大学卒。著作に「沖縄県糖業論」。
【格言など】何事もおはしまさぬと知りながら世の人なみにぬかづきにけり(伊勢神宮参拝に際して)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

仲吉朝助

没年:大正15.9.3(1926)
生年:尚泰20.4.6(1867.5.9)
近代沖縄の産業界の論客で沖縄研究者でもあった。首里の士族家に生まれ,東京帝国大学農科大学乙科を卒業。帰郷して県庁吏員となり土地整理事業に従事した。県では厚遇されなかったので民間に転出,沖縄県農工銀行頭取などを歴任するかたわら,産業問題に関する幾多の論説を発表した。しかし政敵からのパージをうけて要職を追放され,以後は歴史研究,詩作に没頭する。晩年に返り咲き,首里市長などを務めた。『沖縄県糖業論』は代表作。<参考文献>西原文雄『沖縄近代経済史の方法』

(高良倉吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仲吉朝助の関連キーワード大田昌秀比嘉春潮安里彦紀加藤三吾金城朝永島袋源一郎田島利三郎田村浩真境名安興沖縄の長かな

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone