コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲吉朝助 なかよし ちょうじょ

2件 の用語解説(仲吉朝助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仲吉朝助 なかよし-ちょうじょ

1867-1926 明治-大正時代の政治家,実業家。
尚泰王20年4月6日生まれ。明治25年沖縄県庁にはいる。のち県会議員,沖縄県農工銀行頭取。大正13年沖縄経済振興会専務理事,14年首里市長。土地制度の研究などをおこない,沖縄の社会経済史研究の基礎をきずいた。大正15年9月3日死去。60歳。琉球出身。帝国大学卒。著作に「沖縄県糖業論」。
【格言など】何事もおはしまさぬと知りながら世の人なみにぬかづきにけり(伊勢神宮参拝に際して)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

仲吉朝助

没年:大正15.9.3(1926)
生年:尚泰20.4.6(1867.5.9)
近代沖縄の産業界の論客で沖縄研究者でもあった。首里の士族家に生まれ,東京帝国大学農科大学乙科を卒業。帰郷して県庁吏員となり土地整理事業に従事した。県では厚遇されなかったので民間に転出,沖縄県農工銀行頭取などを歴任するかたわら,産業問題に関する幾多の論説を発表した。しかし政敵からのパージをうけて要職を追放され,以後は歴史研究,詩作に没頭する。晩年に返り咲き,首里市長などを務めた。『沖縄県糖業論』は代表作。<参考文献>西原文雄『沖縄近代経済史の方法』

(高良倉吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

仲吉朝助の関連キーワードチェコ文学大正天皇昭和イギリス映画小作争議文芸時代藤堂平助ブラントブリジェンス松林廉之助

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone