コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲方円伊 ちゅうほう えんい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仲方円伊 ちゅうほう-えんい

1354-1413 南北朝-室町時代の僧。
文和(ぶんな)3=正平(しょうへい)9年生まれ。臨済(りんざい)宗。筑前(ちくぜん)(福岡県)聖福(しょうふく)寺の南嶺子越(しえつ)の法をつぐ。奈良西大(さいだい)寺の高湛(こうたん)に律をまなび,京都建仁寺,南禅寺などの住持をつとめる。絶海中津(ちゅうしん)に師事し,四六文にすぐれた。応永20年8月15日死去。60歳。長門(ながと)(山口県)出身。別号に懶室,蘭室。著作に「仲方和尚語録」「懶室漫稿」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

仲方円伊の関連キーワード円伊(2)雲荘徳慶室町時代南北朝文和

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android