コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲村渠致元 なかんだかり ちげん

1件 の用語解説(仲村渠致元の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仲村渠致元 なかんだかり-ちげん

1696-1754 琉球の陶工。
尚貞王28年8月19日生まれ。琉球焼中興の祖。1724年八重山にわたり陶法をつたえる。1730年薩摩(さつま)(鹿児島県)にいき,薩摩焼などの陶法をまなび,帰国後窯をひらく。1752年陶業普及の功績により士籍に列せられた。尚穆王3年6月18日死去。59歳。唐名は用啓基。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の仲村渠致元の言及

【沖縄[県]】より

…そして17世紀初期に王府は薩摩から高麗人陶工張献功(一六),一官,三官らを招聘(しようへい)して朝鮮式陶法を伝授させ,さらに17世紀中期には陶工平田典通を中国に派遣して赤絵の技法を習得させた。18世紀初期には仲宗根喜元が初めて白土を陶土に使用し,さらに仲村渠致元(なかんだかりちげん)も薩摩で陶法を学び大型製陶に成功した。このように沖縄の陶器には南方系,中国系,朝鮮系,日本系があり,これらはいずれも壺屋で制作された。…

※「仲村渠致元」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

仲村渠致元の関連キーワード蔡国器尚益王尚敬王尚純尚貞王脱心祖穎照喜名聞覚独潭清澄仲宗根喜元平田典通

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仲村渠致元の関連情報