コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

任務違背行為 ニンムイハイコウイ

デジタル大辞泉の解説

にんむ‐いはいこうい〔‐ヰハイカウヰ〕【任務違背行為】

任務に背く行為背任罪の構成要件の一。→図利加害目的
[補説]背任罪について規定した刑法247条「他人のためにその事務を処理する者が、自己若しくは第三者の利益を図り又は本人に損害を加える目的で、その任務に背く行為をし、本人に財産上の損害を加えたときは、5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する」の「その任務に背く行為」のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

任務違背行為の関連キーワード特別背任罪補説

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android