コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

任意加入制度 にんいかにゅうせいど

世界大百科事典 第2版の解説

にんいかにゅうせいど【任意加入制度】

日本の社会保険の適用は強制加入を原則としているが,特例として次のように任意加入が認められる場合がある。(1)任意継続被保険者 健康保険,船員保険,厚生年金においては,退職後も引き続いて被保険者となることができる。(2)任意単独被保険者 厚生年金では,適用事業所以外の事業所に使用される場合でも,事業主が同意すれば,保険者の許可をうけて1人でも被保険者となることができる。(3)任意加入被保険者 国民年金では,他制度から老齢年金を受給できる者およびその配偶者などは,任意加入することができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

任意加入制度の関連情報