コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

任意法規 ニンイホウキ

デジタル大辞泉の解説

にんい‐ほうき〔‐ハフキ〕【任意法規】

当事者が法令規定と異なる意思を表示した場合、その効力が優先して法令の規定が排除される規定。任意法。任意規定。→強行法規

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

任意法規【にんいほうき】

当事者の意思によって適用しないことができる法。任意規定とも。強行法に対する。〈私的自治の原則〉を示すもので,私法任意法規であることを原則とする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

にんいほうき【任意法規】

法令中の規定のうち、当事者がその規定の内容と異なる意思を表示した場合に、その適用が排除されうる規定。私法、特に契約に関する規定の多くはこれにあたる。任意規定。 ⇔ 強行法規

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

任意法規
にんいほうき

任意規定」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の任意法規の言及

【強行法規・任意法規】より

…ある法規の定める法的効果が当事者の意思にかかわらず発生する場合その法規を強行法規といい,逆に,その法的効果が当事者の意思によって排除されうる場合,その法規を任意法規という。それぞれ強行規定,任意規定ともいう。…

※「任意法規」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

任意法規の関連キーワード任意法規・強行法規強行法規・任意法規半面的強行規定法(社会規範)事実たる慣習物権法定主義脱法行為当事者債権法自治

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android