任意規定(読み)にんいきてい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「任意規定」の解説

任意規定
にんいきてい

法令規定うちで,当事者がそれに反する意思表示をすれば適用されない規定。任意法規ともいう。強行規定に対するもので,当事者の意思にまかせても第三者利害関係秩序,善良の風俗影響のないような事項に関する規定,当事者の意思を解釈,補充するために設けられた規定は一般に任意規定である。民法債権法に多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「任意規定」の解説

にんい‐きてい【任意規定】

〘名〙 当事者が法の規定と異なる意思を示した場合には適用されず、異なる意思を特に示さないときにはじめて適用される法の規定。任意法。⇔強行規定

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の任意規定の言及

【強行法規・任意法規】より

…ある法規の定める法的効果が当事者の意思にかかわらず発生する場合その法規を強行法規といい,逆に,その法的効果が当事者の意思によって排除されうる場合,その法規を任意法規という。それぞれ強行規定,任意規定ともいう。一般に,公の秩序に関する規定は強行法規であり,そうでないものが任意法規とされる(民法91条)。…

※「任意規定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android