任意規定(読み)にんいきてい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

任意規定
にんいきてい

法令の規定のうちで,当事者がそれに反する意思表示をすれば適用されない規定。任意法規ともいう。強行規定に対するもので,当事者の意思にまかせても第三者の利害関係や公の秩序,善良の風俗に影響のないような事項に関する規定,当事者の意思を解釈,補充するために設けられた規定は一般に任意規定である。民法の債権法に多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の任意規定の言及

【強行法規・任意法規】より

…ある法規の定める法的効果が当事者の意思にかかわらず発生する場合その法規を強行法規といい,逆に,その法的効果が当事者の意思によって排除されうる場合,その法規を任意法規という。それぞれ強行規定,任意規定ともいう。一般に,公の秩序に関する規定は強行法規であり,そうでないものが任意法規とされる(民法91条)。…

※「任意規定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android