コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊丹勝重 いたみ かつしげ

1件 の用語解説(伊丹勝重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊丹勝重 いたみ-かつしげ

1637-1717 江戸時代前期の武士。
寛永14年生まれ。甲斐(かい)(山梨県)徳美(とくみ)藩主伊丹康勝の3男。徳川家綱に小姓としてつかえ,承応(じょうおう)2年兄の徳美藩主伊丹勝長より上総(かずさ)(千葉県)に2620石を分与される。目付をへて,延宝3年勘定頭(かんじょうがしら)となり,3000石に加増された。貞享(じょうきょう)元年山田奉行。祖母方の姓岡部を称した。享保(きょうほう)2年7月15日死去。81歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊丹勝重の関連キーワードマストリリ備後国高齢者はわが国の含み資産大矢野原演習場島原の乱月桂冠駒ヶ岳ジョンソン津田助広天工開物

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone