伊丹勝重(読み)いたみ かつしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊丹勝重 いたみ-かつしげ

1637-1717 江戸時代前期の武士。
寛永14年生まれ。甲斐(かい)(山梨県)徳美(とくみ)藩主伊丹康勝の3男。徳川家綱に小姓としてつかえ,承応(じょうおう)2年兄の徳美藩主伊丹勝長より上総(かずさ)(千葉県)に2620石を分与される。目付をへて,延宝3年勘定頭(かんじょうがしら)となり,3000石に加増された。貞享(じょうきょう)元年山田奉行。祖母方の姓岡部を称した。享保(きょうほう)2年7月15日死去。81歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android