コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊丹親興 いたみ ちかおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊丹親興 いたみ-ちかおき

?-1574 戦国-織豊時代の武将。
はじめ細川晴元に属す。永禄(えいろく)11年(1568)織田信長にしたがい三好党を攻め,摂津伊丹(いたみ)(兵庫県)に所領3万石をあたえられる。のち信長と対立した足利義昭についたため,荒木村重に攻められ,天正(てんしょう)2年11月15日自刃(じじん)した。落城時に脱出し正親(まさちか)と称して黒田長政につかえ,関ケ原の戦いで戦死したとする説もある。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊丹親興

没年:天正2.11.15(1574.11.28)
生年:生年不詳
戦国時代の武将,摂津国国人で伊丹城(兵庫県伊丹市)城主。親永の子。管領細川晴元に属したが,天文10(1541)年9月,晴元の部将三好長慶に反して摂津国一庫城の塩川政年を救援。同14年晴元,長慶に協力して細川氏綱らと戦う。18年に長慶と敵対,翌年和睦した。永禄9(1566)年5月松永久秀に属して池田勝正を攻撃するが,同年9月久秀に背き足利義親(義栄)に下る。同11年織田信長,足利義昭が入京するとこれに下り,勝正,和田惟政と共に摂津3守護となったのは親興かもしくは一族の忠親と推定される。天正1(1573)年ごろから信長と対立し,翌2年11月,信長の命を受けた荒木村重の攻撃を受け一族共々滅亡した。

(森田恭二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

伊丹親興の関連キーワード赤松義祐(2)伊丹庄左衛門

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android