コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊予柾紙 イヨマサガミ

デジタル大辞泉の解説

いよ‐まさがみ【×伊予×柾紙】

伊予国で作られた柾紙越前産に次ぐ良質紙とされ、浮世絵用紙として需要が多かった。伊予柾。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

伊予柾紙【いよまさがみ】

江戸時代に伊予ですいた奉書紙コウゾを原料とする。錦絵を刷るのに常用され,元結(もとゆい)にも使われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

伊予柾紙の関連キーワード伊予奉書江戸時代西条柾

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android