伊保藩(読み)いほはん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊保藩
いほはん

江戸前期に三河(みかわ)国(愛知県)加茂(かも)郡に置かれた譜代(ふだい)小藩。1600年(慶長5)丹羽氏次(にわうじつぐ)が1万石で封ぜられて立藩。丹羽氏は上伊保村(豊田(とよた)市保見町)に陣屋を築き、城下町を造成。所領は上伊保村周辺の22か村。1638年(寛永15)、氏次の子氏信(うじのぶ)は1万石を加増されて美濃(みの)国(岐阜県)恵那(えな)郡岩村に転封し、所領は一時期幕府領となった。その後1681年(天和1)、陸奥(むつ)国(福島県)白河藩主本多(ほんだ)氏の分知家である浅川1万石の本多忠晴(ただはる)が1万石で入封してふたたび立藩され、上伊保村に陣屋を構えた。所領は三河国加茂・碧海(あおみ)両郡のうちで、丹羽氏時代と重複する所領は上伊保村など6か村のみである。本多忠晴は寺社奉行(ぶぎょう)在任中の1705年(宝永2)に遠江(とおとうみ)国(静岡県)と三河国碧海郡で5000石を加増され、さらに10年(宝永7)遠江国榛原(はいばら)郡相良(さがら)に転封し、廃藩となった。[齋藤 純]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android