コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢島節 イセジマブシ

デジタル大辞泉の解説

いせじま‐ぶし【×勢島節】

古浄瑠璃一派。江戸前期、寛永(1624~1643)のころ、伊勢出身の伊勢島宮内(くない)が江戸で語りはじめたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いせじまぶし【伊勢島節】

古浄瑠璃の一。江戸の虎屋源太夫の門人伊勢島宮内くないが語り出した曲風。慶安・承応(1648~1654)の頃、一時上方かみがたで流行した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

伊勢島節の関連キーワード伊勢島宮内(初代)虎屋源太夫上方浄瑠璃浄瑠璃承応慶安

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android