コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢水軍 いせすいぐん

1件 の用語解説(伊勢水軍の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いせすいぐん【伊勢水軍】

伊勢地方は古くから,伊勢神宮への貢進や海からの熊野参詣ルートとして海運が盛んで,リアス海岸の良港と大湊の造船業を背景として,水軍が発達した。代表的な海賊衆としては,向井氏,小浜氏,泊氏,千賀氏らがあり,南北朝期以降,伊勢国司北畠氏に属し,兵船を率いて活躍した。また室町期には海関を設け,通航船から関銭を徴収するなどした。このころより,紀伊国牟婁郡九木浦に根拠を持つ九鬼氏が志摩方面に勢力を伸ばし,戦国期末には志摩一円を支配するに至る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊勢水軍の関連キーワード伊勢街道皇大神宮大宮司伊勢神楽伊勢木伊勢参宮伊勢路伊勢鳥居伊勢の使伊勢間

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone