コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢煥 いせ あきら

1件 の用語解説(伊勢煥の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊勢煥 いせ-あきら

1831-1883 幕末-明治時代の武士,官吏。
天保(てんぽう)2年生まれ。伊勢華(さかえ)の弟。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。安政7年日米修好通商条約批准使節新見正興(しんみ-まさおき)の随員として渡米。文久2年藩の汽船壬戌(じんじゅつ)丸の船長となり,ついで銃砲鋳造局・火薬精煉局の長をかねる。維新後,工部省にはいり,造船事業にかかわった。明治16年1月25日死去。53歳。本姓は北条。号は竹潭(ちくたん)。著作に「米行詩記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

伊勢煥の関連キーワード有福恂允井上高格麻見義修河野秋景佐藤義一郎鈴木大津田信弘長倉訒鍋島直暠西野義威

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone