伊勢継子(読み)いせのつぐこ

朝日日本歴史人物事典「伊勢継子」の解説

伊勢継子

没年:弘仁3.7.6(812.8.16)
生年宝亀3(772)
平安前期,平城天皇の。伊勢老人の娘。平城天皇が皇太子のとき結婚し,高岳・巨勢親王,上毛野・石上大原内親王ら5人を生む。大同3(808)年11月,無位から正五位下に叙せられ,4年後に死去したとき従三位を追贈された。この間,高岳親王立太子,次いで薬子の変による廃太子という事件があった。河内国の内蔵寮田11町を一代に限り賜り,また山城国紀伊郡(京都市伏見区,南区,東山区)に田2町を賜っている。

(児島恭子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「伊勢継子」の解説

伊勢継子 いせの-つぎこ

772-812 平安時代前期,平城(へいぜい)天皇の妃。
宝亀(ほうき)3年生まれ。中臣伊勢老人(なかとみのいせの-おきな)の娘。天皇の皇太子時代に妃となり,真如(しんにょ),巨勢(こせの)親王,上毛野(かみつけの)・石上(いそのかみ)・大原の3内親王を生む。大同(だいどう)4年河内(かわち)(大阪府)の田地11町(約11ha)を1代かぎりでさずけられた。弘仁(こうにん)3年7月6日死去。41歳。従三位を追贈された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android